PCの小技、PC自作、WordPress、アニメ・まんが、うちのねこを紹介します。

かしこさが1あがった

【アニメ】ドン・ガバチョ【ひょっこりひょうたん島】

更新日:

ひょっこりひょうたん島 ヒット・ソング・コレクション(オリジナル版)

ひょっこりひょうたん島 ヒット・ソング・コレクション(オリジナル版)

TVサントラ, トラヒゲ(熊倉一雄), 魔女ルナ(久里千春), ダンディ(小林恭治), テケ(増山江威子), しゅうちょう(玉川良一), トウヘンボク(柳澤眞一), ボーカルショップ, 魔女リカ(松岡計井子), 前川陽子, ガバチョ(藤村有弘)
3,167円(09/18 15:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

ひょっこりひょうたん島

1964年(昭和39年)10月放送

私が生まれた年から、5歳の頃まで放送されていたようなのですが、実はストーリーが全く頭に残っていません。でも、しっかりと歌は頭に入っていて、人形劇をTVの前で見ていたことはよく覚えています。

「ドン・ガバチョ」とは、この番組に出てくるキャラクターの一人です。ところが私のイメージの中ではこの名前から派生したあることの方が印象深いのです。

中学生の時、社会科の先生に「S藤」という先生がいました。S藤先生はちょっと年配の先生で頭もはげていましたから 、「S藤ハゲ茶瓶」とかのあだ名がついていました。生徒に対して質問を投げかけたとき、シンキングタイムに「お~れ~は、まって~~るぜっ♪」と変な節をつけて歌ってみたり、「たくさん」という意味で「どんがばちょ、がば、ぎび、ごぼ」というのです。おもしろい先生で大好きでした。

「俺は待ってるぜ」が、石原裕次郎の映画・歌から、「ドン・ガバチョ」がひょっこりひょうたん島に由来していることはなんとなく知っていましたが、その独特の節回しは、独立して別物として記憶されていきました。ふとしたときに、そのフレーズが頭に浮かぶことがあります。

私という人間のできあがっていく要素のひとつにこんなフレーズがしみこんでいるなんて、おもしろいですね。

Amazon バリューコマース

-アニメ,特撮,まんが

Translate »

Copyright© かしこさが1あがった , 2019 All Rights Reserved.