PCの小技、PC自作、WordPress、アニメ・まんが、うちのねこを紹介します。

かしこさが1あがった

再びトラウマ DEVILMAN crybaby 悪魔の血は赤くない

更新日:

2018年1月5日以降、NETFLIXで限定配信されている「DEVILMAN crybaby」全10話を見ました。

これは、子供には見せられない!

今までの映像化で、「誕生篇」、

「妖鳥死麗濡篇」もよかったので、最後までやってほしいと長年願っていました。これまでの映像化ではできなかった原作版の最後をみごとに描ききってました。

設定は現代的になっています。不良の学生がラッパーなのはおもしろかった。明も美樹も陸上をやっている設定も全編通じてよい効果ですね。

また、絵柄がよい。リアルなようで極端に漫画っぽくなってもおかしく見えない。雰囲気を壊さず、背景などはリアルに、悪魔は見ようによっては漫画っぽい。残虐なシーンは妙に線が少なくなり、衝撃を和らげている?気がしました。

悪魔の血が黄色いのもスプラッターの衝撃を弱めているんでしょうね。「てめえらの血の色は何色だぁー」って言いたいところです(このセリフは北斗の拳ですね)。血の色が赤いとかなり刺激的ではないかと思います。

残念に思ったのは、悪魔と合体しても人間の意識を持っている「悪魔人間(デビルマン)」が、割と簡単に人を殺すところです。悪魔の体を持て余す描写も多く、人間側も犯罪行為があったりと、物語後半に続く人間の弱さという点では納得の行為ですが、「人間を守る」的な行動が不動明だけのようだったので、悪魔と悪魔人間の違いがあいまいでした。悪魔人間になることの条件が厳しいこともさらっと通り過ぎた感じです。

全10話で作られたのはよかったですね、後半の盛り上がりを描くには、映画の尺では難しかったでしょうから、人間社会が崩壊していく様を描くのにとてもよかった。そのかわりに「シレーヌ篇」が短かったのが残念ですが。

太郎(タレ)ちゃんとお母さん、お父さんが殺されるシーンでは、お父さんの苦悩がつらいですね、原作よりひどいw

旧作へのオマージュとして、よく旧デビルマンが出てきます。アレンジされた歌もいいですね~。美樹の部屋にデビルマン関連グッズが多すぎなのはおかしかったけど。

第9話で私がトラウマになっている美樹の死があります。どうなるんだろうとハラハラしながら見ました。陸上と絡めてバトンを渡そうとするイメージが秀逸でした。そして殺害シーンからの・・・例の生首。強烈ですね。

第10話には、日食を見るこの絵が見られます。

日食

日食

元ネタを知っていると楽しめますw

最後は、アーマゲドン。アニメならではの動きで、原作でもわかりにくかった「神」の攻撃、了と明の戦いもとてもわかりやすかった。

わたし的に大絶賛のこの作品、みなさんも是非視聴してみてください。ちなみに「NETFLIX」は、最初の1ヶ月が無料なので、上手に利用しましょう。

Amazon バリューコマース

-アニメ,特撮,まんが

Copyright© かしこさが1あがった , 2018 All Rights Reserved.