PCの小技、PC自作、WordPress、アニメ・まんが、うちのねこを紹介します。

かしこさが1あがった

【Windows10】データの保存場所を物理的に別のHDDに移動する方法

更新日:

データを保存している場所

通常、Windows10を初期状態のままで使っている場合、データを保存する場所がCドライブに保存するようになっています。エクセルやワードも初期状態のままだと同様です。具体的には以下の場所です。

C:\ユーザー\[あなたのアカウント名]\ドキュメント

「ドキュメント」だけではなく、「ダウンロード」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」などのフォルダも同じ場所にあります。エクスプローラーで「PC」を開くと次のように表示されます。

ドキュメントの場所

これらのデータ保存場所を初期状態のままにしておくと、Cドライブの容量がデータでパンパンに膨れ上がって動きが鈍くなったり、Cドライブに異常が起こったときにデータも全て救出できなくなる恐れがあるのです。

PCを自作する方には分かると思いますが、パーツを一部新しいモノに交換した場合などにOS(Windows10)から再インストールせざるをえない事態になってしまうこともあります。

そういう場合に備えて、データを物理的に別のHDDに移動しておくのです。「物理的に別」という部分に注目してください。例えばノートパソコンなどで、HDD(またはSSD)がひとつしか内蔵されていなくてもCドライブとDドライブにパーティションを分割して使っている場合があるのです。この場合「物理的に同じ」HDD(またはSSD)に保存されていることになり、HDDが壊れたときにはDドライブも同じ運命をたどることになります。

HDDの増設

もしも、あなたのパソコンに「物理的に別の」HDDがつながっていない場合、新たにHDDを増設しましょう。

用意したHDDは、外付けの場合でも常にPCと連動して電源が入るようにしておきましょう。

データの保存場所の移動

では、既存のデータの引っ越しをしましょう。移動先となる「物理的に別の」HDDに、フォルダを作成します。名前は何でもかまわないのですが、仮に「Documents」「Downloads」「Pictures」「Videos」「Music」とします。

ちなみに「デスクトップ」のフォルダは、情報量が少なく、ソフトのショートカットが置いてあるくらいです。ショートカットは移動させないので、「デスクトップ」フォルダは無視します。

注意ポイント

デスクトップにファイルを保存している方は、全体の動きが遅くなるので「ドキュメント」等に移しましょう。

エクスプローラーで開いた「PC」(上記図)のフォルダと表示されている「ドキュメント」「ダウンロード」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」をそれぞれ次の操作をします。

 

例えば「ダウンロード」を右クリックしてプロパティを表示します。

①「場所」のタブをクリックし、②「移動」をクリックし、③移動先に作成した「Downloads」を指定します。

ダウンロードのプロパティ

「OK」をクリックすると、「元の場所のすべてのファイルを、新しい場所に移動しますか?」と表示されるので、迷わず「はい」をクリックします。

しばらくファイルの移動に時間がかかることもありますが、心静かに待ちましょう。

「ドキュメント」「ダウンロード」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」それぞれのフォルダについて、同じ操作を繰り返して、完了です。

エクセルやワード、その他のソフトでデータを格納する場所を自分で設定した場合は、それぞれ対応してください。

HDDをバックアップしましょう

HDDの寿命は、おおむね5~6年だと思っています。そのくらい経過している古いパソコンは、いつ壊れてもおかしくない状態です。突然動かなくなってショックを受ける前にバックアップを取っておきましょう。

今回、Cドライブから「物理的に別」のHDDにデータを移したので、バックアップはHDDごと取るのが楽です。もちろん、バックアップを取るHDDも「物理的に別」のHDDに取ることをお勧めます。

つまり新しくPCの自作をはじめる際は、Cドライブ用にHDD(SSD)が1台、データ用に1台、さらにデータ用と同じ容量のHDDを1台の合計3台が必要になります。

データの量が多くない場合は、「Dropbox」や「Googleドライブ」などのクラウドサービスを利用する方法を検討しましょう。

具体的なバックアップの方法

失敗したやり方(悪い見本に)

以下、失敗記事です。参考までに・・・・。

最近では「コントロールパネル」よりも「設定」を使うことが多くなっており、こちらへ将来的には移行するようです。そこで「設定」を使ってデータの移動を試みたのです。

画面左下の「スタートメニュー」→「設定」→「システム」とクリックしていきます。

設定

「システム」の画面で①「ストレージ」を選び、②「新しいコンテンツの保存先を変更する」をクリックします。

新しいコンテンツを追加する

ここで、「新しいドキュメントの保存先」の下に表示されている「PC(C)」をクリックすると別のHDDを選択できるようになるので、選択し「更新」を・・・。クリックしないでください。

ストレージを指定

ここまで、やってきていて、なんだ!

なんかWindows10になって、やり方変わってすげー、新しいやつじゃんwって思ってましたけど!

実際にこの方法でやってみると、新しく保存するファイルからは適用になるけど、古いファイルはCドライブに残ったままなんです。Windows7や8の時代でやっていたやり方なら、古いファイルも移動してくれるのに!

しかも、「ドキュメント」「ミュージック」「ピクチャ」「ビデオ」はなんとなく分かるけど、「アプリ」と「マップ」は、私は使ってないあれですよ。「ダウンロード」のフォルダはどこいった!!

注意ポイント

ちなみに「アプリ」のフォルダを別ドライブに一旦移動すると、「WindowsApps」というフォルダが作成されるまでは良いのですが、「アプリ」の設定を元に戻しても「WindowsApps」のフォルダが消せなくなります。かなりめんどうなことになります。

ということで、この方法はおすすめしません。

失敗図鑑 偉人・いきもの・発明品の汗と涙の失敗をあつめた図鑑

失敗図鑑 偉人・いきもの・発明品の汗と涙の失敗をあつめた図鑑

2,916円(03/18 21:49時点)
発売日: 2018/03/26
Amazonの情報を掲載しています

Amazon バリューコマース

-PCの小技, PC自作

Translate »

Copyright© かしこさが1あがった , 2019 All Rights Reserved.