PCの小技、PC自作、WordPress、アニメ・まんが、うちのねこを紹介します。

かしこさが1あがった

【アニメ】宇宙よりも遠い場所【ネタバレ】

更新日:

2018年1-3月間のアニメ。「宇宙よりも遠い場所」とは、「南極」のこと。宇宙飛行士の毛利衛さんの言葉なんだとか。めっちゃ簡単にいうと、女子高生が南極に行く物語。

「行けるわけねーじゃん」と思いますよね。劇中でもそう言われ続けている「しらせ」ちゃん高校2年生、中学生の時に南極観測隊員の母が南極で行方不明になる。それ以来、南極へ行って母を探すことを夢見ていた。そんな彼女を同級生達は「南極」とあだ名を付けて揶揄していた。(南極行くのは)無理だという同級生達に「ざまあみろ」と言ってやるために努力しているのです。

同じ高校の同級生「キマリ」(本名:玉木マリ)。「しらせ」がアルバイトで貯めた渡航費用の100万円を拾ったことから、仲良くなる。好奇心旺盛だが、のんびり屋で気が小さく、思い切った行動はできないでいた。「しらせ」から南極行きを提案され、迷いながらも一緒に行くことを決意する。

渡航費用をかせぐため、「キマリ」はコンビニでバイトを始める。そこで出会ったのが同い年の「ひなた」。「ひなた」は高校に行っていないが、高認資格は持っており、大学受験までのあと1年の内になにかを成し遂げたいと思っていた。「しらせ」と「キマリ」の南極へ行くための「作戦」の一部始終を聞く内に自分も行きたいと名乗り出る。

作戦

作戦

「しらせ」の作戦とは、南極観測隊員達の親睦会が新宿で行われることを知り、その懇親会の解散時をねらって男性隊員と懇意になり同行者となるという「作戦」であった。じたばたどたばたで「作戦」は失敗し、「しらせ」のことを知っている女性観測隊員から南極へ連れて行くことは出来ないと叱られる。

新たな作戦を考えていたところ、タレントの女子高生が南極をリポートするという記事をネットで見つける。その子の事務所に電話すると騒いでるところへなぜかその子がやってくる。その女子高生が「ゆづき」、彼女は生涯友達ができなかったので、高校に通って友達を作りたいと思っていた。南極へ行くと友達を作ることができないので、自分は行きたくないという。元観測隊員の娘であるしらせに代わって欲しいと頼みにきたのだ。

こうして知り合った4人が南極へ行く話、いや、いろいろな形の友情の話だ。

 

この物語に注目したのは、最初にオープニング曲の画像でした。ちょっと大きめのサングラスの柄の後ろを持ってレンズの部分を上下に動かすという動作を見て

あーそれやるやる

と思ったのです。

ただそれだけのことで、あまり好みではなかったビジュアルも、女子高生の物語か・・・・という漠然とした嫌悪感から離れ、どんどん物語引き込まれていくことになってしまうのであった。

このアニメの秀逸なところは、セリフやナレーションで説明していないのに、感情が伝わってくることです。雪の塊を殴ったり蹴ったりして悔しさや怒りをぶつけたり、ただただ未読メールを受信する、そのメールの数がカウントされていく映像が延々と流れていくだけで、ぽろぽろと涙が流れてしまっている・・・。元々涙腺のゆるいおじさんではあるが、ところどころでものすごく感情をゆらされる。

くっ!こんなことでっ!

やられた感がある。

近年のアニメでは感じなかったが、多くの名言が心に残るアニメであった。

人には悪意があるんだ。悪意に悪意で向き合うな。胸を張れ

50年ちょい生きていると、こういう言葉が深く心をゆらします。ちょうどこの言葉が出てきたときに、思わずメモに書きましたね。あらすじを書いちゃうと、長くなるので詳しく書きません。

言いたい人には言わせておけばいい。今に見てろと熱くなれるから。そっちの方がずっといい。

いいね。熱いね。

いやなことがあるとついトゲのある攻撃をしてしまうものです。その時はやっつけて胸がすっとするんだけど、相手からさらに大きなトゲで反撃されることもあるんだよね。若いときから知っていればなぁ・・・w

 

誤字も脱字もありませんw

わかった!友達ってたぶん、ひらがな一文字だ!

ね

(これをおっさんが書いてることを思うときもいね)

 

今まで一度も友達がいなかった「ゆづき」には、友達との距離が分からない。友達になろうって言われてない。いつから他の3人は「親友」になったのか。「友達誓約書」なるものを書かせようとして怒らせる。そんな「ゆづき」を「キマリ」は泣きながら抱きしめる。「わかんないんだよね・・・」

友達って言葉じゃないんだよ。

別のアニメで「恋は雨上がりのように」というアニメがあります。子細は書きませんが、45歳のおっさんが、自分に恋する女子高生に対して、「まぶしすぎる」と表現します。

まさに、「まぶしすぎる」

 

モヤモヤした気持ちを引きずって生きていけ

それが人を傷つけた代償だよ。私の友達を傷つけた代償だよ。

「ひなた」が高校を辞めたきっかけとなった事件に関わる元同級生達が、たぶん悪気もなく友達として南極隊との交信で自分たちの思いをぶつけてくる。それがさらに「ひなた」を傷つけることになることもわかってない。それでも、はっきり言えない「ひなた」に代わって、「しらせ」がカメラの向こうに怒る。

友達のために怒るって。

いいw

あまりくどくどと説明しない方が良いのかもしれない。この物語、もう一回みたい。

Amazon バリューコマース

-アニメ,特撮,まんが

Copyright© かしこさが1あがった , 2018 All Rights Reserved.